• ホーム
  • 3大ED治療薬の1つ、シアリスとは?

3大ED治療薬の1つ、シアリスとは?

2020年04月12日

シアリスはバイアグラやレビトラにつぎ、3番目に国内で認可されたED治療薬です。
EDを解消する効果にとても優れており、既存のED治療薬と比較しても引けを取りません。
シアリスにはタダラフィルという有効成分が配合されています。
タダラフィルはPDE-5という酵素の働きを阻害し、男性器の勃起をサポートする成分です。

EDを解消してくれるだけでなく、持続時間が長いという点もリアリスの魅力と言われています。
タダラフィルの含有量が10mgのものであった場合、効果は約24~30時間程度キープされます。
20mg配合のものだと最大で約36時間もの間、ED解消の効果がずっとキープされるのがシアリスの特徴です。
このように持続時間がとても長いED治療薬という事もあり、海外ではウィークエンドピルとも言われているようです。

タダラフィルはゆっくりと身体に吸収されるという性質があるので、服用してから約3時間程度で効き目が現れ始めます。
性行為を行う3時間前に服用しておけば、効き目を実感できるでしょう。
前もって服用しておく事ができるという点も、シアリスが選ばれている理由の1つと考えられます。

そして、何よりシアリスの魅力と言われているのが、食事の影響を受け難いという点です。
他のED治療薬の場合、食事の影響を大きく受けてしまいます。効果を実感したい場合は空腹時に服用しなければいけません。

一方、シアリスの場合はというと約800カロリー程度の食事であれば、ほとんど効果は落ちないようです。
余程、脂質の多い食事をしなければ、食後に服用する事もできます。
服用するタイミングの制限がほとんど無いED治療薬ですので、チャレンジしやすいのではないでしょうか。

医薬品には副作用がつきものですがシアリスの場合、副作用が現れたとしても軽度な症状となるケースが多いようです。
頭痛やほてり、消化不良といった副作用が報告されていますが有効成分が身体の外へと出て行けば、自然と回復していきます。

シアリスとバイアグラの効果を比較してみました

シアリスとバイアグラの効果を比較すると、バイアグラは即効性に優れている一方、シアリスは効きはじめるのが遅いものの持続時間が長いという特徴があります。
同じED治療薬のレビトラは、バイアグラよりさらに即効性が高いタイプで、短時間に集中して性行為をするのに向いています。
薬の性質的にはシアリスだけが異質で、体内にゆっくりと吸収されゆっくりと効いてくる感覚があります。

バイアグラもシアリスも空腹時に飲んだほうが効き目が高くなりますが、バイアグラは食事の影響を受けやすく、満腹時には効果が落ちてしまうので注意が必要です。
シアリスは食後でも効果が落ちにくいため、持続時間の長さもあって自由度の高さが特徴となっています。
アルコールも少量なら効果を損ねることはありませんが、大量に飲酒すると勃起力が低下するので、ほどほどに抑えることが大切です。

性質は異なりますがバイアグラとシアリスの作用は似通っており、血管を拡張することで勃起を促します。
このことから軽い頭痛や顔のほてりなど、同じような副作用が現れる場合があります。
ただしバイアグラは即効性が高い分、副作用もはっきりと感じることが多いのに対して、シアリスは効き目がマイルドなので、副作用を意識しない人も多いようです。
ただし高血圧で治療を受けている方は、いずれの薬も医師の指示に従って慎重に服用する必要があります。

医療機関で処方を受けた場合、1錠あたりのシアリスの価格はバイアグラより3割ほど高いのが相場です。
バイアグラは青い菱形の錠剤ですが、より安価なジェネリックも販売されていて、こちらは青や白の丸形の錠剤になっています。
シアリスはオレンジ色の楕円形の錠剤です。